14日午後の東京市場でドル・円は小安く推移し、149円40銭台に値を下げた。強い米インフレ指標を受け、早期利下げ観測は後退。それを受け前日は一時149円後半に浮上したが、150円台は断続的な売りで失速。日本株の下げ幅拡大で円買いも観測。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は150円46銭から150円77銭、ユーロ・円は161円16銭から161円46銭、ユーロ・ドルは1.0703ドルから1.0714ドル。