欧州市場でドル・円はやや値を戻す展開で、150円60銭付近で推移する。米10年債利回りは下げ渋り、ドルは売りづらい。一方、英国のインフレ指標が予想を下回りポンドは夕方にかけて売り込まれたが、ポンド・円の下げは一服しクロス円を支える。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は150円39銭から150円60銭、ユーロ・円は160円95銭から161円20銭、ユーロ・ドルは1.0695ドルから1.0708ドル。