昨日14日の米株式市場でNYダウは151.52ドル高の38424.27、ナスダック総合指数は203.55pt高の15859.15、シカゴ日経225先物は大阪日中比330円高の38100円。為替は1ドル=150.40-50円。今日の東京市場では、第3四半期営業利益が63.0%増となったコプロHD<7059>、第3四半期累計の営業利益が67.2%増となり24年3月期配当予想を上方修正したグリムス<3150>、24年3月期業績予想を上方修正した三井E&S<7003>、24年3月期業績・配当予想を上方修正したミツバ<7280>、24年3月期業績・配当予想の上方修正と1対3の株式分割を発表したサンリオ<8136>、24年12月期上期営業利益が前年同期比2.5倍予想と発表したマイクロニクス<6871>、24年12月期営業利益が前年同期比3.4倍予想と発表したコカBJH<2579>、40.2%増予想と発表したロードスター<3482>、営業利益が前期37.8%増・今期29.4%増予想と発表したフロンティアM<7038>などが物色されそうだ。一方、第3四半期営業利益が98.3%減となったタカラバイオ<4974>、同じく61.2%減となったキャリアリンク<6070>、同じく49.0%減となった宝HLD<2531>、同じく43.1%減となったKPPGHD<9274>、24年3月期業績予想を下方修正した東邦鉛<5707>、ソースネクスト<4344>、営業利益が前期33.4%減・今期82.7%減予想と発表したSUMCO<3436>などは軟調な展開が想定される。