16日午前の東京市場でドル・円は150円10銭台で推移。149円83銭から150円12銭まで反発。149円60銭以下には顧客筋、短期筋などからのドル買い注文が入っているもよう。一方、150円60銭以上には顧客筋のドル売り注文が多くみられる。ここまでの取引レンジは149円83銭−150円13銭、ユーロ・ドルは上げ渋り。1.0763ドル−1.0777ドル、ユーロ・円は上げ渋り。161円45銭から161円66銭の範囲内で推移。