20日午前の東京市場でドル・円は伸び悩み、150円34銭まで上昇後は150円20銭台にやや値を下げた。具体的な手がかりは乏しく、ドル買いはいったん収束。一方、日経平均株価は堅調地合いの場面もあったが、上げ幅を縮小し一段の円売りを弱めた。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は150円10銭から150円34銭、ユーロ・円は161円81銭から161円93銭、ユーロ・ドルは1.0774ドルから1.0779ドル。