■NY株式:NYダウは64ドル安、ハイテクが重し



米国株式市場は続落。ダウ平均は64.19ドル安の38,563.80ドル、ナスダックは144.87ポイント安の15,630.79で取引を終了した。



半導体エヌビディア(NVDA)の21日の四半期決算発表を警戒した売りに寄り付き後、下落。その後も経済指標の冴えない結果を受け、成長減速を懸念した売り圧力も強まった。特にハイテクでの調整売りが続き上値を抑制。相場は終日軟調に推移し、戻り鈍く、終了した。セクター別では食・生活必需品小売や食品・飲料・タバコが上昇、半導体・同製造装置が下落。



ディスカウント小売のウォルマート(WMT)は第4四半期決算で、既存店売上高が予想を上回ったほか、スマートTVメーカーのビジオ・ホールディングス(VZIO)買収で合意したと発表し、大幅高。ビジオ・ホールディングス(VZIO)も上昇した。一方、競合のロク(ROKU)は競争激化が警戒され、下落。加工食品メーカーのコナグラ・ブランズ(CAG)はアナリストの投資判断引き上げで、上昇した。



金融のキャピタル・ワン・ファイナンシャル(COF)はクレジットカード発行や電子支払いサービスを手掛けるディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ(DFS)買収で合意したとの報道で、堅調推移。ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ(DFS)は大幅上昇した。競合のビザ(V)やマスターカード(MA)はそれぞれ下落。また、重機メーカーのキャタピラー(CAT)はアナリストの投資判断引き下げで下落した。



ネットワーク用セキュリティー・ソリューションプロバイダー、パロアルト・ネットワークス(PANW)は取引終了後に四半期決算を発表。通期収入予想を下方修正したことが嫌気され時間外取引で売られている。



(Horiko Capital Management LLC)





■NY為替:米経済指標が予想下回り金利低下でドル反落



20日のニューヨーク外為市場でドル・円は150円20銭から149円69銭まで下落し、149円99銭で引けた。米1月景気先行指数が予想外に悪化したほか、2月フィラデルフィア連銀非製造業活動も悪化したため長期金利低下に伴うドル売りが優勢となった。



ユーロ・ドルは1.0794ドルから1.0839ドルまで上昇し、1.0812ドルで引けた。ユーロ・円は162円36銭へ上昇後、161円96銭まで反落。ポンド・ドルは1.2600ドルから1.2668ドルまで上昇。ドル・スイスは0.8826フランから0.8786フランまで下落した。





■NY原油:反落で77.04ドル、利食い売りで一時76.80ドルまで値下がり



NY原油先物4月限は反落(NYMEX原油4月限終値:77.04 ↓1.42)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は、前営業日比−1.42ドルの77.04ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは76.80ドル−78.55ドル。ロンドン市場の序盤にかけて78.55ドルまで買われたが、米国市場で76.80ドルまで反落。中東情勢の悪化を警戒した買いは一巡し、利食い売りが観測された。通常取引終了後の時間外取引では77ドルを挟んだ水準で推移。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  33.96ドル   -0.13ドル(-0.38%)

モルガン・スタンレー(MS) 85.35ドル   -1.15ドル(-1.32%)

ゴールドマン・サックス(GS)384.52ドル  +0.08ドル(+0.02%)

インテル(INTC)        44.52ドル   +1.01ドル(+2.32%)

アップル(AAPL)        181.56ドル  -0.75ドル(-0.41%)

アルファベット(GOOG)    142.20ドル  +0.44ドル(+0.31%)

メタ(META)           471.75ドル  -1.57ドル(-0.33%)

キャタピラー(CAT)      313.74ドル  -8.17ドル(-2.53%)

アルコア(AA)         26.69ドル   -0.71ドル(-2.59%)

ウォルマート(WMT)      175.86ドル  +5.50ドル(+3.22%)