BEENOS<3328>:1613円(+200円)

大幅続伸。前日提出された大量保有報告書によると、アセット・バリュー・インベスターズが5.22%を保有する大株主になったことが明らかになっている。保有目的として、持続的な企業価値の向上に向けた重要提案行為等を行う可能性があるとされている。アセットバリューは「物言う株主」として知られる英ファンドであり、これまでもTBSや帝国繊維など複数企業に株主提案を行ってきている。





AIメカテック<6227>:3805円 ウ -

ストップ安売り気配。第三者割当による第3回新株予約権の発行を発表している。新株予約権の総数は6530個で潜在株式数は65万3000株。当初行使価額は4121円となっている。希薄化は最大で11.63%となるもようであり、こうした潜在的な希薄化をネガティブ視する動きが優勢。なお、調達資金の約27億円は主に装置組立用建屋やクリーンルームなど設備投資に充当する計画。





レシップHD<7213>:739円 カ -

ストップ高買い気配。前日に業績予想の上方修正を発表している。24年3月期営業利益は従来予想の15億円から27億円にまで引き上げ、前期は3.1億円の赤字であった。従来計画に対する第3四半期までの進捗率が38%にとどまっていたことから、想定外の大幅上振れとも捉えられている。新紙幣発行に伴う製品の更新や改造作業が計画より前倒しで進む見通しとなっているもよう。年間配当金も従来計画の7.5円から8.5円に引き上げ。





ハブ<3030>:874円 カ -

ストップ高買い気配。株主優待制度の拡充を発表しており、買い材料視される展開になっている。これまでも100株以上の株主に対して優待カードを贈呈しているが、100株以上300株未満保有の株主には、これまでの優待カード1000円分を2000円分に引き上げる。300株から500株未満保有株主、500株以上保有株主も現行の3000円分、5000円分からそれぞれ倍額の水準へ。1000株以上保有株主には長期保有による優待枠拡大も。





スノーピーク<7816>:1249円(+111円)

大幅続伸。MBOの実施を正式に発表している。ベインキャピタル傘下企業が買付上限なしのTOBを実施。TOB価格は1株1250円で前日終値を9.8%上回る水準となっている。買い付け期間は2月21日から4月12日まで。先に観測報道が伝わり、TOB価格は1200円台になるともされていたことで、19日から連日のストップ高となっていた。正式なTOB価格決定で同水準へのサヤ寄せの動きとなっている。





くふうカンパニー<4376>:318円(+80円)

ストップ高。300万株(20.00億円)を上限として自社株買いを実施すると発表している。発行済株式総数(自社株を除く)に対する割合は4.8%。取得期間は21日から8月14日まで。割安と考える水準で推移している自社の株価動向と財務状況等を総合的に勘案し、将来の機動的な資本戦略に備えることが目的。自社株買いが株主還元につながると受け止められ、買い優勢となっているようだ。





サマンサJP<7829>:125円 カ -

ストップ高買い気配。コナカ<7494>と株式交換による経営統合で基本合意書を締結したと発表している。意思決定を中心に効率的な経営体制を構築し、グループとしての総合力を発揮することが狙い。コナカを株式交換完全親会社、サマンサタバサジャパンリミテッドを株式交換完全子会社とし、サマンサタバサジャパンリミテッド株は6月27日に上場廃止となる予定。株式交換比率は4月中旬に予定している最終契約締結までに決定する。





ACSL<6232>:617円(+2円)

反発。準天頂衛星システムみちびきの信号認証サービスに対応した国産ドローンの開発に向けて実施したアンチGNSS(全地球航法衛星システム)スプーフィング(なりすまし)の実証実験が成功したと発表している。コア<2359>、楽天グループ<4755>との共同実験。実証実験の結果、みちびきの信号認証に対応し、正しくGNSSスプーフィングを検知・遮断・通知したことを確認したという。