21日午後の東京市場でドル・円は早朝に付けた本日安値を下抜け、149円85銭まで値を下げた。米10年債利回りの緩やかな低下で、ややドル売りに振れやすい。ユーロやポンドは対ドルで堅調地合いに。豪ドルは対ドル、対円で上昇基調を維持している。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は149円85銭から150円09銭、ユーロ・円は162円05銭から162円27銭、ユーロ・ドルは1.0805ドルから1.0819ドル。