日経平均は122円安(13時50分現在)。日経平均寄与度では、アドバンテスト<6857>、ソフトバンクG<9984>、東エレク<8035>などがマイナス寄与上位となっており、一方、ファーストリテ<9983>、KDDI<9433>、バンナムHD<7832>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、保険業、鉱業、石油石炭製品、機械、水産・農林業が値下がり率上位、ゴム製品、その他製品、パルプ・紙、海運業、建設業が値上がり率上位となっている。



日経平均は方向感の定まらない動きとなっている。香港ハンセン指数や上海総合指数が大幅高となっていることが東京市場の株価支援要因となる一方、ダウ平均先物がやや軟調なことが重しとなっているもよう。また、引き続き米半導体大手エヌビディアの決算を見極めたいとして積極的な買いを見送る向きもあるようだ。