(13時30分現在)



S&P500先物      4,985.00(-6.50)

ナスダック100先物  17,561.50(-45.75)





米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は小幅安、NYダウ先物は40ドル安。長期金利は下げ渋り、本日の米株式市場は売り先行となりそうだ





20日の主要3指数は続落。終盤の下げ幅縮小も売りに押され、ダウは64ドル安38563ドルで取引を終えた。この日発表された景気先行指標は予想を下回ったが、ウォルマートなどの好決算でソフトランディングを期待した買いが継続。ただ、前週発表されたインフレ指標は堅調な内容となり、早期利下げ期待の後退による利益確定売りが相場を圧迫している。また、底堅い長期金利を受けハイテクを中心に売られ、指数を押し下げた





本日は下げ渋りか。連邦準備制度理事会(FRB)は政策金利の引き下げに慎重なスタンスのため、売りが出やすい地合いに変わりはない。連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨はハト派色を弱めるとみられ、金利高なら買いを抑制しよう。ただ、引き続きソフトランディングを期待した買いが相場を支え、指数の下げは限定的に。21日発表のエヌビディア決算や22日発表のPMIを見極めるムードが広がり、方向感を欠いた相場展開とみる。