21日午後の東京市場でドル・円は小動きとなり、150円付近でのもみ合いが続く。米10年債利回りの戻りは鈍く、積極的なドル買いは手控えられている。一方、上海総合指数と香港ハンセン指数の大幅高と日経平均株価の下げ幅縮小で、やや円売り地合いに。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は149円85銭から150円09銭、ユーロ・円は162円05銭から162円27銭、ユーロ・ドルは1.0805ドルから1.0819ドル。