21日午後の東京市場でドル・円は150円付近と、ほぼ変わらずの値動き。日経平均株価は下げ幅縮小の場面もあったが、前日比101円安で取引終了。ただ、上海総合指数と香港ハンセン指数は大幅高を維持しており、リスク選好の円売りが主要通貨を支える。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は149円85銭から150円09銭、ユーロ・円は162円05銭から162円27銭、ユーロ・ドルは1.0805ドルから1.0819ドル。