22日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。



・日経平均は大幅高で4日ぶり反発、終値の史上最高値38915.87円を一時更新

・ドル・円は伸び悩み、円売りは限定的

・値上り寄与トップは東エレク<8035>、同2位はアドバンテスト<6857>



■日経平均は大幅高で4日ぶり反発、終値の史上最高値38915.87円を一時更新



日経平均は大幅高で4日ぶり反発。前日比651.68円高(+1.70%)の38913.84円(出来高概算8億2000万株)で前場の取引を終えている。



21日の米国市場はまちまち。ダウ平均は48.44ドル高(+0.13%)の38612.24ドル、ナスダックは49.91ポイント安(-0.32%)の15580.87、S&P500は6.29ポイント高(+0.13%)の4981.80で取引を終了した。半導体エヌビディアの四半期決算発表を警戒した売りが続き、寄り付き後は下落。その後も、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨公表を控えた調整売り圧力も強まり、一段安となった。議事要旨で、米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げに慎重な姿勢が確認されたため利下げ期待が後退し、一段と売りに拍車がかかり、下げ幅を拡大。しかし、引けにかけて、調整と見られる買戻しにダウは切り返し、ナスダックも下げ幅を縮小し終了した。



注目のエヌビディアの決算が市場予想を上回り、時間外で買われたことから、東京市場は買い優勢で取引を開始した。半導体関連の東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>が指数を押し上げたことなどから、日経平均は10時16分に38924.88円と1989年12月29日につけた終値ベースでの史上最高値38915.87円を一時上回る場面がみられた。高値更新後も日経平均は38900円水準で推移するなど強い地合いは継続。前場のプライム市場の売買代金は2.7兆円台と連休を前に商い活況となった。



日経平均採用銘柄では、東エレク、アドバンテストのほか、スクリーンHD<7735>、レーザーテック<6920>、ルネサスエレクトロニクス<6723>など半導体株が総じて上昇。ソフトバンクグループ<9984>も買われた。また、半導体材料を強化と伝わったレゾナック<4004>も買い優勢となった。このほか、あおぞら銀行<8304>、日立<6501>、信越化<4063>、三菱商事<8058>、トヨタ自<7203>が買われた。日経平均採用以外では、昨日に続き日本マイクロニクス<6871>が大幅高。



一方、中外製薬<4519>、アステラス製薬<4503>、リクルートHD<6098>、第一三共<4568>など内需系がさえなかったほか、ファナック<6954>、オークマ<6103>など中国関連の一角も売られた。このほか、ニコン<7731>、住友大阪セメント<5232>が弱い。



セクターでは、輸送用機器、電気機器、機械、石油・石炭製品、海運業などが買われたほか、医薬品、サービス業、ゴム製品の3セクターのみ下落した。



後場の最大の注目は、終値ベースでの史上最高値更新になるかだ。取引時間ベースの史上最高値38957.44円を上回ることも重要だが、「一時上回った」ではなく、終値ベースでしっかり更新することが重要である。ランチタイムの先物市場では、225先物に断続的な買いが入っており既に39000円に乗せている。連休や達成感などが意識されて利益確定売りが入りやすい水準ではあるが、先高感の強さを背景に、日経平均は後場一段高で39000円台乗せを試す展開となりそうだ。



■ドル・円は伸び悩み、円売りは限定的



22日午前の東京市場でドル・円は伸び悩み、150円26銭から150円46銭まで上昇後にやや値を下げた。米10年債利回りの動向に追随。一方、日経平均株価は過去最高値圏に上昇しているが、円売りは限定的。クロス円はドル・円と同様の展開となった。



ここまでの取引レンジは、ドル・円は150円26銭から150円46銭、ユーロ・円は162円60銭から162円93銭、ユーロ・ドルは1.0818ドルから1.0831ドル。



■後場のチェック銘柄



・フュートレック<2468>、海帆<3133>など、8銘柄がストップ高



※一時ストップ高(気配値)を含みます



・値上り寄与トップは東エレク<8035>、同2位はアドバンテスト<6857>



■経済指標・要人発言



【経済指標】



・NZ・1月貿易収支:-9.76億NZドル(12月:-3.68億NZドル←-3.23億NZドル)



【要人発言】



・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(1月30-31日会合分)

「ほとんどの高官、時期尚早な利下げのリスクを認識」

「政策金利はピークに達した可能性が強い」

「高官は利下げ前に、インフレが2%を達成するさらなる証拠が見たいと主張」

「高官は依然、インフレリスクを注視」



<国内>

特になし



<海外>

特になし