22日午後の東京市場でドル・円は150円20銭台と、こう着した値動きが続く。上海総合指数と香港ハンセン指数は強含み、日本株高を受けたリスク選好的な円売りを支援する。時間外取引の米株式先物も堅調地合いを維持し、株価にらみの円売りは継続。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は150円26銭から150円46銭、ユーロ・円は162円60銭から162円93銭、ユーロ・ドルは1.0818ドルから1.0837ドル。