26日午後の東京市場でドル・円は動意が薄く、150円40銭台でのもみ合いが続く。重要イベントの通過で、次の材料待ち。足元は様子見ムードが広がり、方向感を欠く展開。一方、日経平均株価は高値圏を維持するものの、上げ幅縮小で円売りは抑制。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は150円29銭から150円56銭、ユーロ・円は162円56銭から162円99銭、ユーロ・ドルは1.0813ドルから1.0832ドル。