26日の東京市場でドル・円は下げ渋り。米10年債利回りの低下でドル売りが先行し、朝方に150円56銭から150円29銭まで値を下げた。ただ、米金利の低下一服で、ドル売りは抑制。また日経平均株価は最高値圏で推移し、円売りが主要通貨を支えた。

・ユーロ・円は162円99銭から163円56銭まで下落。

・ユーロ・ドルは1.0813ドルから1.0836ドルまで値を上げた。

・日経平均株価:始値39,320.64円、高値39,388.08円、安値39,181.03円、終値39,233.71円(前日比135.03円高)

・17時時点:ドル円150円40-50銭、ユーロ・円162円90-00銭

【要人発言】

・特になし

【経済指標】

・特になし