米1月耐久財受注速報値は前月比-6.1%と、予想を下回りパンデミックによる経済封鎖直後の20年4月来で最低の伸びとなった。ボーイングの航空機販売が冴えず、指数を押し下げた。輸送用機器除いた米1月耐久財受注速報値は前月比−0.3%と、予想外に2カ月連続の減少となった。国内総生産(GDP)の算出に用いられる米1月製造業出荷・資本財(航空機を除く非国防)速報値は前月比+0.8%と、12月+0.1%から予想以上に1年ぶりの高い伸びとなった。AI関連でPCなどの売り上げが強く指数を押し上げた。



ドルは引き続き軟調。ドル・円は150円08銭へ下落後、150円29銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.0858ドルから1.0846ドルまで下落した。ポンド・ドルは1.2686ドルから1.2671ドルまで下落した。



【経済指標】

・米・1月耐久財受注速報値:前月比-6.1%(予想:-5.0%、12月:−0.3%←0.0%)

・米・1月耐久財受注(輸送用機器除く)速報値:前月比−0.3%(予想:+0.2%、12月:−0.1%←+0.5%)

・米・1月製造業出荷・資本財(航空機を除く非国防)速報値:前月比+0.8%(予想:+0.2%、12月:+0.1%←0.0%)