■NY株式:NYダウは47ドル高、PCEを好感



米国株式市場は反発。ダウ平均は47.37ドル高の38,996.39ドル、ナスダックは144.18ポイント高の16,091.92で取引を終了した。



1月コアPCE価格指数が予想に一致し、前年比でインフレ改善の基調が維持されたため安心感から買われ、寄り付き後、上昇。その後、1月個人支出や2月シカゴPMI、1月中古住宅販売仮契約が予想外に悪化したため、景気減速懸念にダウは下落に転じた。下院が短期つなぎ予算案を可決すると、当面の政府機関閉鎖への懸念が緩和し、下げ幅を縮小。ハイテクは長期金利の低下を好感し、終日堅調に推移し相場を支え終盤にかけ上げ幅を拡大。ダウもプラス圏を回復し終了した。ナスダックは過去最高値を更新。セクター別では半導体・同製造装置、不動産管理・開発が上昇した一方、保険が下落した。



家電量販チェーンのベストバイ(BBY)は四半期決算で既存店売上高が警戒されたほど減少せず、利益が予想を上回り、上昇。ピザの宅配サービスを提供するパパジョーンズ(PZZA)は四半期決算で、調整後の1株利益が予想を上回ったほか、年内に店舗数を増やす計画が好感され、上昇した。人工知能(AI)アプリケーションなどの開発に焦点を当てているソフトウエア会社、C3.ai(AI)は四半期決算で強いAI関連需要を背景とした予想を上回った内容を好感し、上昇。消費者ブランドの肉、食品の製造・販売する食品加工メーカーのホーメルフーズ(HRL)は四半期決算で1株利益が予想を上回り、上昇した。



取引終了後に決算を発表したコンピューターメーカーのデル・テクノロジー(DELL)は第4四半期決算で調整後の1株利益が予想を上回ったほか、増配を発表し、時間外取引で買われている。



(Horiko Capital Management LLC)





■NY為替:ドルは下げ渋り、米1月コアPCE価格指数は市場予想と一致



2月29日のニューヨーク外為市場でドル・円は150円13銭から149円21銭まで下落後、149円96銭まで反発し、149円95銭で引けた。米経済指標が悪化したことや米1月コアPCE価格指数が予想通りインフレ改善兆候を示したため年内の利下げ観測を織り込む長期金利低下に連れドル売りが優勢となった。その後、欧州引けにかけ、月末でドルの買戻しが優勢となった。



ユーロ・ドルは1.0856ドルまで上昇後、1.0796ドルまで反落し、1.0805ドルで引けた。ドイツの消費者物価指数(CPI)、パネッタ伊中銀総裁のハト派発言「インフレ率は想定上に速やかに低下している」を受け、ユーロ売りが優勢となった。ユーロ・円は、162円55銭から161円69銭まで下落。ドイツのCPIがインフレ鈍化傾向を示したため欧州中央銀行(ECB)の年内の利下げを織り込みユーロ売りが優勢となった。ポンド・ドルは1.2682ドルまで上昇後、1.2613ドルまで反落。ドル・スイスは0.8779フランまで下落後、0.8847フランまで上昇した。







■NY原油:弱含みで78.26ドル、時間外取引で78ドルを下回る



NY原油先物4月限は弱含み(NYMEX原油4月限終値:78.26 ↓0.28)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は、前営業日比−0.28ドルの78.26ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは77.94ドル−79.28ドル。米国市場の後半にかけて79.28ドルまで買われたが、80ドル手前で利食い売りが再び強まり、通常取引終了後の時間外取引で77.94ドルまで下げている。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  34.52ドル   +0.21ドル(+0.61%)

モルガン・スタンレー(MS) 86.04ドル   -0.01ドル(-0.01%)

ゴールドマン・サックス(GS)389.05ドル  -4.13ドル(-1.05%)

インテル(INTC)        43.05ドル   +1.06ドル(+2.52%)

アップル(AAPL)        180.75ドル  -0.67ドル(-0.36%)

アルファベット(GOOG)    139.78ドル  +2.35ドル(+1.70%)

メタ(META)           490.13ドル  +6.11ドル(+1.26%)

キャタピラー(CAT)      333.96ドル  +4.40ドル(+1.33%)

アルコア(AA)         27.21ドル   +0.89ドル(+3.38%)

ウォルマート(WMT)      58.61ドル   -1.01ドル(-1.69%)