日経平均は97高(13時50分現在)。日経平均寄与度では、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>、ファナック<6954>などがプラス寄与上位となっており、一方、ファーストリテ<9983>、第一三共<4568>、トレンド<4704>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、パルプ・紙、鉱業、不動産業、電気機器、機械が値上がり率上位、海運業、空運業、ゴム製品、電気・ガス業、食料品が値下がり率上位となっている。



日経平均は徐々に伸び悩んでいる。今週は、5日に中国の全国人民代表大会(全人代)が開幕する。7日には欧州中央銀行(ECB)理事会の結果が発表され、バイデン米大統領の一般教書演説が予定されている。また、8日には2月の米雇用統計が発表され、いずれも市場の関心が高い。