13日午前の東京市場でドル・円は147円30銭台で推移。147円69銭まで買われた後、147円24銭まで反落。米長期金利の上昇を受けたドル買いは一巡したとみられる。ただ、新たなドル売り材料が提供されない場合、ドル・円は147円台を維持するとの見方が多い。ここまでの取引レンジは147円24銭−147円69銭、ユーロ・ドルは下げ渋り。1.0925ドル−1.0930ドルで推移。ユーロ・円は弱含み。160円90銭−161円47銭。