欧州市場でドル・円は伸び悩み、148円04銭まで上昇後はおおむね147円90銭付近でのもみ合いが続く。米10年債利回りの上昇一服で、ドル買いはいったん収束したもよう。一方、来週開催の日銀金融政策決定会合をにらみ、過度な円売りは抑制された。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は147円63銭から148円04銭、ユーロ・円は161円32銭から161円72銭、ユーロ・ドルは1.0920ドルから1.0932ドル。