21日の日経平均は3営業日続伸した。ほぼ高値引けして終値は3月7日ザラ場に付けた史上最高値を超え、上値追い再開となった。ローソク足はマドを空けて上昇し、本日は5本連続陽線で終了。高値と安値の切り上げも続いて「赤三兵」を示現。一目均衡表で転換線が上向いたことと併せて、上値追い圧力の強まりを窺わせた。一方、25日移動平均線との乖離率は4.20%と過熱ラインの5%を下回っており、明日以降の騰勢持続に期待をつなぐ形となった。