欧州市場でドル・円は一時150円87銭まで下げたが、再び151円台に乗せた。米10年債利回りに追随した値動き。米連邦準備制度理事会(FRB)は引き締め的な政策を継続するとの見方から、ドルは売りづらい。日銀の正常化期待の後退で、円売りも。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は150円87銭から151円45銭、ユーロ・円は164円60銭から165円33銭、ユーロ・ドルは1.0887ドルから1.0928ドル。