先週末22日の米株式市場でNYダウは305.47ドル安の39475.90、ナスダック総合指数は26.98pt高の16428.82、シカゴ日経225先物は大阪日中比155円安の40555円。為替は1ドル=151.30-40円。今日の東京市場では、24年3月期業績予想を上方修正したかんぽ生命保険<7181>、24年3月期利益予想を上方修正した京急<9006>、24年3月期利益と配当予想を上方修正した北海電力<9509>、24年3月期純利益予想を上方修正したNOK<7240>、24年9月期業績と配当予想を上方修正したFPG<7148>、固定資産売却益約400億円を24年3月期第4四半期に特別利益に計上すると発表した日野自<7205>、24年3月期増配予定を発表した岩井コスモ<8707>、アイザワ証G<8708>、価格改定を発表した鳥貴族HD<3193>、東証スタンダードでは、未定としていた24年3月期の期末配当(=年間配当)を80円(うち記念配当20円)とすると発表した丸八証券<8700>、未定としていた24年3月期の期末配当(=年間配当)を3円とすると発表したわかもと<4512>、発行済株式数の4.93%上限の自社株買いを発表したセルシス<3663>、などが物色されそうだ。一方、24年2月期業績予想を下方修正したミニストップ<9946>、24年3月期業績予想を下方修正し年間配当を無配に修正したジャムコ<7408>、東証スタンダードでは、24年3月期純損益予想を下方修正した戸田工<4100>、株主優待制度を廃止すると発表したケア21<2373>などは軟調な展開が想定される。