25日午後の東京市場でドル・円は下げ渋り、正午にかけて151円05銭まで下落後は値を戻す展開。米10年債利回りの上昇で、ドルは売りづらい。一方、ユーロ・ドルは節目の1.08ドル付近は買戻しが強まるものの、1.0820ドル付近から失速している。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は151円05銭から151円42銭、ユーロ・円は163円31銭から163円64銭、ユーロ・ドルは1.0802ドルから1.0822ドル。