<円債市場>

長期国債先物2024年6月限

寄付145円57銭 高値145円70銭 安値145円55銭 引け145円56銭

売買高総計17850枚



2年 458回  0.196%

5年 166回  0.382%

10年 373回  0.729%

20年 187回  1.496%



債券先物6月限は、145円57銭で取引を開始。前週末の米金利低下を受けて買いが先行し、145円70銭まで上げた。その後、日銀の早期追加利上げ観測が浮上するなか、財務省の流動性供給入札を前に売りが優勢になり、145円55銭まで下げた。入札の結果は弱めや無難との見方があり、売り買いが交錯した。現物債の取引では、2年債、5年債、10年債が買われ、20年債が売られた。



<米国債概況>

2年債は4.60%、10年債は4.21%、30年債は4.38%近辺で推移。

債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は2.32%、英国債は3.91%、オーストラリア10年債は4.00%、NZ10年債は4.50%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]



<海外>

・21:25 ボスティック米アトランタ連銀総裁対話会参加

・21:30 米・2月シカゴ連銀全米活動指数(予想:-0.34、1月:-0.30)

・23:00 米・2月新築住宅販売件数(予想:67.5万戸、1月:66.1万戸)

・23:30 米・3月ダラス連銀製造業活動指数(予想:-11.5、2月:-11.3)

・23:30 クック米FRB理事講演(二つの責務)

・02:00 米財務省・2年債入札



(海外のスケジュールで表示されている時間は日本時間)