■NY株式:NYダウは31ドル安、月末、期末の調整



米国株式市場は続落。ダウ平均は31.31ドル安の39,282.33ドル、ナスダックは68.77ポイント安の16,315.70で取引を終了した。



利下げ期待を受けた買いに、寄り付き後、上昇。ソフトランディング期待も支援し、相場は終日堅調に推移した。しかし、終盤にかけ月末、期末絡みの調整で売りに転じ、終了。セクター別では、自動車・自動車部品が上昇した一方、運輸が下落した。



電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)はイタリア政府が同社のサイバートラック生産を巡り契約をかわす可能性が報じられ、買われた。スパイスメーカーのマコーミック(MKC)は第1四半期決算で値上げが奏功し、調整後の1株利益が予想を上回り、上昇。ドーナッツ会社のクリスピー・クリーム・ドーナッツ(DNUT)は提携強化によりファーストフード・チェーンのマクドナルド(MCD)の店舗で同社のドーナッツが販売されることが明らかになり、上昇。クレジットカード会社のマスターカード(MA)は、加盟店などの事業者に課す決済手数料に上限を設けることで同意、法的係争終了が好感され、上昇した。



特別買収目的会社(SPAC)のデジタル・ワールド・アクイジションは、トランプ前大統領のソーシャルメディア「トゥルース・ソーシャル」を運営するトランプ・メディア・アンド・テクノロジー・グループ(TMTG)との合併を完了、合併後26日からシンボルDJTでナスダック市場で取引を開始、上昇した。携帯端末のアップル(AAPL)はアイフォーンの中国出荷が2月も前年比33%減と需要低迷継続が明らかになり、下落。航空機メーカーのボーイング(BA)は格付け会社のムーディーズが信用格付け見直しで下方修正する可能性が示唆され、売られた。



ゲーム販売のゲームストップ(GME)は取引終了後に四半期決算を発表。調整後の1株利益が予想を下回り、時間外取引で売られている。



(Horiko Capital Management LLC)





■NY為替:米消費者信頼感指数は予想外の悪化もドルは底堅く推移



26日のニューヨーク外為市場でドル・円は151円30銭へ弱含んだのち151円60銭まで上昇し、151円58銭で引けた。米3月消費者信頼感指数が予想外に悪化したため一時ドル売りが優勢となったが、連邦準備制度理事会(FRB)の年内の大幅な利下げ観測の後退に連れたドル買いが優勢となった。



ユーロ・ドルは1.0859ドルから1.0824ドルまで下落し、1.0830ドルで引けた。ユーロ・円は、164円41銭から164円01銭まで下落。ポンド・ドルは1.2656ドルから1.2622ドルまで下落した。ドル・スイスは0.9014フランから0.9043フランまで上昇した。





■NY原油:伸び悩みで81.62ドル、供給不足を警戒した買いは一巡



NY原油先物5月限は伸び悩み(NYMEX原油5月限終値:81.62 ↓0.33)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は、前営業日比−0.33ドルの81.62ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは81.38ドル−82.36ドル。米国市場の前半にかけて82.36ドルまで買われたが、供給不足を警戒した買いは中盤までに一巡。後半にかけて利食い売りが増える展開となった。通常取引終了後の時間外取引では主に81ドル台半ば近辺で推移した。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  37.09ドル   +0.23ドル(+0.62%)

モルガン・スタンレー(MS) 91.28ドル   +0.14ドル(+0.15%)

ゴールドマン・サックス(GS)406.18ドル  +1.24ドル(+0.30%)

インテル(INTC)        41.99ドル   +0.16ドル(+0.38%)

アップル(AAPL)        169.71ドル  -1.14ドル(-0.66%)

アルファベット(GOOG)    151.70ドル  +0.55ドル(+0.36%)

メタ(META)           495.89ドル  -7.13ドル(-1.41%)

キャタピラー(CAT)      356.39ドル  +0.44ドル(+0.12%)

アルコア(AA)         31.58ドル   -0.28ドル(-0.87%)

ウォルマート(WMT)      60.51ドル   -0.06ドル(-0.09%)