<円債市場>

長期国債先物2024年6月限

寄付145円53銭 高値145円74銭 安値145円45銭 引け145円74銭

売買高総計19242枚



2年 458回  0.193%

5年 166回  0.363%

10年 373回  0.721%

20年 187回  1.480%



債券先物6月限は、145円53銭で取引を開始。夜間取引での下げを受けてか売りがみられ、145円45銭まで下げた。その後、田村日銀審議委員の「ゆっくり着実に正常化を進める」との発言や、財務省の40年債入札の結果は順調との見方から買いが優勢になり、145円74銭まで上げた。現物債の取引では、全年限が買われた。



<米国債概況>

2年債は4.59%、10年債は4.23%、30年債は4.39%近辺で推移。

債券利回りは横ばい。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は2.32%、英国債は3.94%、オーストラリア10年債は4.00%、NZ10年債は4.57%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]



<海外>

・19:00 ユーロ圏・3月景況感指数(予想:96.2、2月:95.4)

・22:00 南ア中銀が政策金利発表(8.25%に据え置き予想)

・02:00 米財務省・7年債入札

・07:00 ウォラー米FRB理事講演(経済見通し、NY経済クラブ)



(海外のスケジュールで表示されている時間は日本時間)