ミタチ<3321>:1149円(-86円)

大幅反落。先週末に第3四半期決算を発表している。累計営業利益は12.9億円で前年同期比41.9%減となり、12-2月期も3.6億円で同37.5%減と大幅減益基調が継続する格好になっている。国内では産業機器分野、アミューズメント分野で受注が減少し、海外ではEMSや半導体・電子部品や中国での投資低迷による産業機器分野で受注が減少のもよう。足元の株価は高値圏にあったため、失望売りが優勢の展開に。





サノヤスHD<7022>:222円(+43円)

大幅続伸。発行済み株式数の2.96%に当たる100万株、1.5億円を上限とする自社株買いの実施を発表、リバウンド材料につながる形へ。取得期間は4月1日から25年3月31日まで。同時に業績予想の修正、並びに、25年3月期の業績予想数値を公表。24年3月期営業利益は5億円から4億円に下方修正も、第3四半期までの状況からあく抜け感に。新年度は1億円で大幅減益見通しだが、中計では27年3月期10億円までの拡大を見込んでいる。





ERI HD<6083>:1952円(+216円)

大幅反発。先週末に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は15億円で前年同期比2.4%減となっているが、12-2月期は6.7億円で同39.4%増と大幅増益に転じている。据え置きの通期計画24億円、前期比3.2%増の達成確度は高まる状況となってきている。新設着工が減少していることで確認申請件数は伸び悩む一方、M&A効果と省エネ性能表示の拡大が増収をけん引。ソリューション事業の収益性が改善している。





三井E&S<7003>:1957円(+42円)

大幅続伸。米子会社であるPACECOとともに、米国のパートナー候補と協議を始めていると発表。2月21日にバイデン大統領が港湾施設や設備に関するサイバーセキュリティー対策を強化する大統領令を発出。クレーンに中国製が増えていることを懸念し、補助金を投じてクレーンの国産化を進めるとしている。同社の米子会社でもクレーンの米国内生産を再開する方針と伝わっていたが、会社側の正式発表を受け、あらためて期待感が高まる流れに。





ファナック<6954>:4321円(+136円)

大幅反発。先週末に中国国家統計局が3月の製造業PMIを発表している。PMIは50.8となり、前月比1.7ptの上昇、6カ月ぶりに好調・不調の境目である50を上回っている。2月の春節休暇後は3月にかけて生産活動が正常化したもようだ。想定以上の改善とみられ、中国景気の先行きに対する警戒感はやや後退の方向へ。同社や安川電機、日立建機など、中国関連の一角が買い先行となっている。





HOUSEI<5035>:501円(+1円)

反発。グループ会社のHOUSEI香港が香港でWeb3.0デジタル資産分野に正式に参入すると発表している。香港の有名ギャラリーやNFT取引会社と共同で物理的な通常のアート作品とブロックチェーン上のデジタル証明書を組み合わせたアート取引を「RWAT(リアルワールドアートトークン)」として開始した。香港では初の試みで、著名な水墨画家で香港芸術家協会会長の林天興氏のアート作品を最初に取り扱う。





すららネット<3998>:418円(+8円)

反発。ウィザス<9696>と業務提携すると発表している。すららネットのICT教材をウィザスグループで活用することを通じ、両社のサービス・コンテンツの販路拡大と顧客の満足度向上などを図る。また、両社共同での新たな教育コンテンツ開発とサービスモデルの構築、ICT教材「すらら」の利用者・利用実績の分析を通じた教育効果の調査・研究及びエビデンス創出・可視化を目指す。





総医研<2385>:198円(+36円)

年初来高値。東京慈恵会医科大学に産学連携講座「疲労医学講座」を開設するとともに、学校法人慈恵大学と共同研究契約を締結すると発表している。疲労及びうつ病等に関する研究成果の社会実装が目的。講座の設置期間は4月1日から29年3月31日までの5年間。共同研究で期待される研究成果として、唾液を用いた生理的疲労を客観的に測定する疲労測定方法の提供や分子機構の分析に基づく疲労及び回復力測定方法の提供などを挙げている。