1日午後の東京市場でドル・円は下げ渋り、151円40銭付近に値を戻す展開。日経平均株価は前週末比400円超安と下げ幅をやや縮小し、円買いは抑制されている。一方、日銀短観は前回より悪化し、緩和的政策の継続を見込んだ円売りに振れやすい。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は151円25銭から151円42銭、ユーロ・円は163円15銭から163円42銭、ユーロ・ドルは1.0785ドルから1.0798ドル。