1日午後の東京市場でドル・円は小動きとなり、151円30銭台でのもみ合いが続く。米10年債利回りの下げ渋りでドル売りは後退し、ユーロ・ドルは本日安値圏に軟化。一方、日経平均株価は前週末比500円超安と下げ幅を拡大し円買いがドルの重石に。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は151円25銭から151円42銭、ユーロ・円は163円15銭から163円42銭、ユーロ・ドルは1.0784ドルから1.0798ドル。