2日午前の東京市場でドル・円は小じっかりの値動きとなり、151円50銭から151円78銭まで値を上げた。米連邦準備制度理事会(FRB)の引き締め的な政策の継続期待で、ドル選好地合いが続く。ただ、日本の円安けん制で、151円後半は上値が重い。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は151円50銭から151円78銭、ユーロ・円は162円61銭から162円94銭、ユーロ・ドルは1.0730ドルから1.0744ドル。

【要人発言】

・豪準備銀行3月理事会議事要旨

「3月の会合で利上げの議論をしなかった」

「インフレは高止まりながらも徐々に目標へ向け低下」

・鈴木財務相

「行き過ぎた動きにはあらゆる手段を排除せず適切に対応」

「為替はファンダメンタルズを反映して安定的な推移が重要」

「為替相場は金融政策の要因だけで決まるわけではない」

【経済指標】

・日・3月マネタリーベース:前年比+1.6%(2月: +2.4%)