5日午後の東京市場でドル・円は151円20銭付近と、こう着した値動き。岸田首相

足元の為替について具体的な発言は控えたいとしたうえで「行き過ぎた動きにはあらゆる手段を排除せず対応する」と円安をけん制。ただ、米金利をにらみドル買いは継続。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は150円80銭から151円34銭、ユーロ・円は163円47銭から163円99銭、ユーロ・ドルは1.0823ドルから1.0843ドル。