8日午後の東京市場でドル・円は高値圏ながら伸び悩み、151円70銭台でのもみ合い。米雇用統計の通過で材料はいったん出尽くし、ドル買いは限定的。一方、日経平均株価は上げ幅を縮小、日本の為替介入への警戒感感から円売りは小幅にとどまる。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は151円61銭から151円80銭、ユーロ・円は164円19銭から164円54銭、ユーロ・ドルは1.0823ドルから1.0843ドル。