■NY株式:NYダウは11ドル安、重要インフレ指標控えた調整



米国株式市場はまちまち。ダウ平均は11.24ドル安の38,892.80ドル、ナスダックは5.44 ポイント高の16,253.96で取引を終了した。



3月雇用統計の強い結果を受けた底堅い成長期待に引き続き買われ、寄り付き後、上昇。しかし、金利の上昇が重しとなり上値を抑制し相場は下落に転じた。ただ、今週発表が予定されている消費者物価指数(CPI)などの重要インフレ指標の発表を控え、終日調整色が強くもみ合いが続き、まちまちで終了。セクター別では、自動車・自動車部品が上昇した一方、電気通信サービスが下落した。



電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)は8月に自動運転タクシーを公開すると明らかにし、期待感から買われた。オンライン小売のアマゾン(AMZN)は生成人工知能(AI)投資やコスト削減計画の一環のクラウド部門の従業員削減が好感されたほか、アナリストの投資判断引き上げで上昇。半導体メーカーの台湾積体電路製造(TSMC)は政府が66億ドル規模の補助金と最大50億ドル相当の融資を提供する計画だとの報道を好感し、上昇した。スーパーマーケット運営のクローガー(KR)は、国内消費鈍化を警戒し、アナリストが投資判断を引き下げ、下落。航空機メーカーのボーイング(BA)は格安航空会社のサウスウエスト(LUV)運航のボーイング737型機のエンジンカバーが外れた事故を嫌気し、軟調推移。



シカゴ連銀のグールズビー総裁は24年の経済が堅調であるとの見解を示した。



(Horiko Capital Management LLC)





■NY為替:米3月NY連銀長期インフレ期待低下でドルは上げ渋る



8日のニューヨーク外為市場でドル・円は151円94銭まで上昇後、151円72銭まで弱含み、151円85銭で引けた。連邦準備制度理事会(FRB)の利下げ先送り観測を受け金利上昇に伴うドル買いが優勢となった。その後、NY連銀が発表した3月の消費者調査で5年のインフレ期待が低下したため利下げ観測も再燃しドル買いが一段落した。



ユーロ・ドルは1.0822ドルから1.0862ドルまで上昇し、1.0859ドルで引けた。ドイツの2月鉱工業生産が予想を上回りユーロの買戻しが強まった。ユーロ・円は、164円40銭から164円90銭まで上昇。ポンド・ドルは1.2614ドルまで下落後、1.2664ドルまで上昇した。ドル・スイスは0.9066フランまで上昇後、0.9040フランまで反落した。





■NY原油:伸び悩みで86.43ドル、戻り売りが上値を抑える



NY原油先物5月限は伸び悩み(NYMEX原油5月限終値:86.43 ↓0.48)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は、前営業日比−0.48ドルの86.43ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは84.69ドル−87.10ドル。アジア市場で84.69ドルまで反落したが、中東地域の緊張状態がすみやかに緩和される見込みは薄いため、米国市場の前半にかけて87.10ドルまで反発。ただ、その後は戻り売りが増えたことで上値は重くなり、通常取引終了後の時間外取引では主に86ドル台で推移。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  37.50ドル   +0.39ドル(+1.05%)

モルガン・スタンレー(MS) 93.21ドル   +0.74ドル(+0.80%)

ゴールドマン・サックス(GS)410.54ドル  +2.47ドル(+0.60%)

インテル(INTC)        37.98ドル   -0.73ドル(-1.88%)

アップル(AAPL)        168.45ドル  -1.13ドル(-0.66%)

アルファベット(GOOG)    156.14ドル  +2.20ドル(+1.42%)

メタ(META)           519.25ドル  -8.09ドル(-1.53%)

キャタピラー(CAT)      373.47ドル  -5.83ドル(-1.53%)

アルコア(AA)         36.34ドル   -0.15ドル(-0.41%)

ウォルマート(WMT)      59.78ドル   -0.07ドル(-0.11%)