11日午後の東京市場でドル・円は下げ渋り、152円90銭付近でのもみ合い。米インフレ再加速を受け米10年債利回りは下げづらく、ドル買い地合いに振れやすい。一方、日経平均株価は下げ幅を縮小し、クロス円は日本株安を嫌気した円買いを抑制。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は152円76銭から153円12銭、ユーロ・円は164円14銭から164円46銭、ユーロ・ドルは1.0738ドルから1.0747ドル。