12日午後の東京市場でドル・円はやや失速し、153円10銭台に値を下げた。米10年債利回りの小幅低下で、ドル売りに振れやすい。また、日経平均株価は上げ幅を縮小し円売りは抑制された。ただ、上海総合指数はプラスに浮上し、好感されている。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は152円96銭から153円29銭、ユーロ・円は164円07銭から164円40銭、ユーロ・ドルは1.0711ドルから1.0729ドル。