15日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、153円80銭台でのもみ合いが続く。イランとイスラエルの緊張で中東情の混迷が警戒されるが、クロス円はじり高。時間外取引の米株式先物は堅調地合いとなり、今晩の株高への期待感もある。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は153円13銭から153円85銭、ユーロ・円は162円92銭から163円86銭、ユーロ・ドルは1.0636ドルから1.0654ドル。