16日午後の東京市場でドル・円は小動きとなり、154円30銭台でのもみ合いが続く。想定レンジ上限の155円が次の節目とみられ、154円台は売りが出やすい。足元は株安を受けやや円買いに振れやすいが、米10年債利回りは底堅くドル買いは継続。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は154円18銭から154円42銭、ユーロ・円は163円68銭から163円93銭、ユーロ・ドルは1.0606ドルから1.0628ドル。