18日午後の東京市場でドル・円は154円30銭付近と、ほぼ変わらずの値動き。日経平均株価は上げ幅を縮小したが、アジア株は全般的に堅調地合いを維持し、円買いを抑制している。また、米10年債利回りは低調ながら下げ渋り、ドル売りを弱めた。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は153円95銭から154円41銭、ユーロ・円は164円36銭から164円79銭、ユーロ・ドルは1.0664ドルから1.0680ドル。