日経平均は984円安(13時50分現在)。日経平均寄与度では、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>、ソフトバンクG<9984>などがマイナス寄与上位となっており、一方、第一三共<4568>、花王<4452>、KDDI<9433>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、電気機器、機械、精密機器、金属製品が値下がり率上位、海運業、鉱業が値上がりしている。



日経平均はやや下げ渋った水準で小動きとなっている。午前は、中東の地政学リスクの高まりを受け、円相場や原油価格などの外部環境が急変動したが、午後に入りやや落ち着きを取り戻しており、株式市場で押し目買いを誘っている。