19日午後の東京市場でドル・円はやや値を戻す展開となり、154円40銭台に再浮上した。中東情勢の混迷が警戒されるものの、過度な円買いは後退したもよう。一方、15時の英小売売上高は想定ほど改善していないが、一部は強くポンド買いにつなげた。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は153円59銭から154円67銭、ユーロ・円は163円02銭から164円63銭、ユーロ・ドルは1.0610ドルから1.0653ドル。