日経平均は171円高(13時50分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、東エレク<8035>、信越化<4063>などがプラス寄与上位となっており、一方、レーザーテック<6920>、デンソー<6902>、京セラ<6971>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、保険業、証券商品先物、その他金融業、建設業、食料品が値上がり率上位、海運業、ゴム製品、金属製品、倉庫運輸関連、その他製品が値下がり率上位となっている。



日経平均は下値の堅い展開となっている。今週は内外主要企業の決算発表が本格化するすることに加え、週末には日銀金融政策決定会合の結果が発表されることから、これらを見極めたいとして、やや様子見ムードが広がり、積極的な売買は見送られているようだ。