米3月新築住宅販売件数は前月比+8.8%の69.3万戸と、2月63.7万戸から予想以上に増加した。ただ、2月分は66.2万戸から下方修正。4月リッチモンド連銀製造業指数は―7と、3月-11から予想以上に改善した。



事前にS&Pが発表した4月製造業PMI速報値は49.9と、3月51.9から上昇予想に反して活動の拡大と縮小の境目となる50を割り込み昨年12月来の50割れとなった。同月サービス業PMI速報値は50.9と、3月51.7から改善予想に反し悪化し昨年11月来で最低となった。同月総合PMI速報値は50.9と、3月52.1から予想以上に低下し、昨年12月来の低水準。



米3月新築住宅販売件数や4月リッチモンド連銀製造業指数が予想を上回り、ドル売りが一服。事前に発表された予想外に悪化したPMIを受けてドル売りが加速していた。ドル・円は154円88銭の高値から154円58銭まで下落後、154円70銭で下げ止まった。ユーロ・ドルは1.0660ドルから1.0710ドルまで上昇後、高止まり。ポンド・ドルは1.2380ドルから1.2457ドルまで上昇した。



【経済指標】

・米・3月新築住宅販売件数:69.3万戸(予想:66.8万戸、2月:63.7万戸←66.2万戸)

・米・4月リッチモンド連銀製造業指数:―7(予想:-8、3月:-11)

・米・4月製造業PMI速報値:49.9(予想:52.0、3月:51.9)

・米・4月サービス業PMI速報値:50.9(予想:52.0、3月:51.7)

・米・4月総合PMI速報値:50.9(予想:52.0、3月:52.1)