大王製紙<3880>は、日清紡HD<3105>が連結子会社日清紡ペーパープロダクツ株式会社(東京都中央区、日清紡PP)等で営む紙製品事業を譲受けることを決定した。



大王製紙は、現在、洋紙事業の構造転換、板紙・段ボール事業の強化、ホーム&パーソナルケア事業の更なる成長と加速等の施策に取 り組んでいる。



日清紡HDは、紙製品事業において、家庭紙、洋紙、紙加工品の 3 事業で特長ある高付加価値紙製品の製造・販売を行っている。



本件M&Aにより、大王製紙は、自社グループの製品ラインナップの拡充を実現するとともに、洋紙事業の構造転換の加速を図る。日清紡HDは事業の選択と集中により、今後はエレクトロニクス事業とブレーキ事業に資源の配分強化をしていく。



【ニュース提供・日本M&Aセンター】