■株主還元策



アトラエ<6194>は、将来の事業展開に即応できる財務体質の強化を重要課題として位置付けている。現在は成長過程にあると考えており、経営基盤の安定化を図るために内部留保を充実させ、新規事業の早期展開、事業拡大、事業効率化のために投資を行い、業績拡大による企業価値向上(株価の上昇)を図ることが、株主に対する最大の利益還元につながると判断している。



将来的には、各事業年度における経営成績を勘案しながら株主への利益還元を検討していく方針だが、2016年9月期決算短信によると、配当実施の可能性及び実施時期は未定とのことである。



なお、2017年4月には分割比率1:3で株式分割を実施し、株式の流動性向上と投資家層の拡大を図っている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 内山 崇行)