アスクル<2678>は大幅反発。シティグループ証券が投資判断を新規に「1」、目標株価を4240円としていることが買い材料視されているとみられる。株価の相対的な出遅れ感が強いほか、短期的には火災が業績に及ぼす影響は上半期で一巡すること、中長期的には物流への投資が結実するとみられることなどを評価。なお、前日には業績予想を上方修正、もともと保守的とは見られていたが、安心感には繋がっているようだ。