夢展望<3185>は20日、親会社であるRIZAPグループ<2928>とECプラットフォームのプランニング等における業務委託契約を締結したと発表。



夢展望はこれまで生産から販売までを一気通貫で行うECに特化したアパレル企業として事業を展開し、様々なノウハウを積み上げてきている。一方、グループの小売業態の企業では、商品のほとんどを実店舗で販売する、実店舗中心の事業形態を採る企業がほとんどであった。



今回の契約により夢展望が中心となってEC化拡大とそれによる収益拡大、グループ全体のEC化推進を加速化するため、グループ会社のECプラットフォームのプランニング等に関する業務を行う事となった。



なお、今回のEC化を推進するにあたっての報酬として2.0億円がRIZAPグループから支払われる。