■要約



タナベ経営<9644>は、1957年に創業し、今年創業60周年を迎える日本の中堅・中小企業向け経営コンサルティングのパイオニアであり、大手。経営ミッションは、「ファーストコールカンパニー -100年先も一番に選ばれる会社の創造」。食品&フードサービス・ヘルスケア・住まいと暮らし等のドメイン(事業戦略)、収益・組織&人材・プロモーション等のファンクション(組織戦略)、北海道から沖縄までの全国主要10都市に拠点を展開するリージョン(地域戦略)の観点で、顧客課題に応じて最適なコンサルタントを複数名選定してチームを組成する「ドメイン×ファンクション×リージョンのチームコンサルティング」の拡大により、安定成長を実現している。中期事業戦略として、「C&C(コンサルティング&コングロマリット)戦略」(コンサルティング領域の多角化戦略)の推進を掲げており、顧客へ新たなコンサルティング価値を提供し、顧客と共に更なる持続的成長を目指している。堅実経営と無借金経営、自己資本比率で80%超となる強固な財務体質を強みとする。



1. 2017年3月期は7期連続増収増益に

2017年3月期は売上高が前期比1.1%増の8,389百万円、経常利益が同3.3%増の915百万円と7期連続の増収増益となった。中堅・中小企業を中心に事業戦略や組織戦略、次世代経営支援(事業承継)、人材採用・育成・活躍等のコンサルティングニーズが旺盛で、チームコンサルティング型経営協力契約数が期中平均で前期比20件増の436契約と増加したこと、また、SP(セールスプロモーション)コンサルティング事業において収益性重視の戦略に転換し、高付加価値案件を中心に受注活動を進めてきたことが増収増益要因となった。



2. 2018年3月期も増収増益続く

2018年3月期も売上高で前期比1.9%増の8,550百万円、経常利益で同3.3%増の945百万円と着実な成長を見込んでいる。ここ数年、新規顧客開拓のフック役ともなっている戦略ドメイン&マネジメント研究会で新たに7つの研究会を追加し、合計27の研究会を運営することで、チームコンサルティング型経営協力契約数の増加につなげていく。また、今期はクラウド教育システムを利用して、中堅・中小企業に独自の企業内大学を設立する「FCCアカデミー設立支援コンサルティング」を新たに開始したほか、ファミリービジネスコンサルティングやブランディングコンサルティングも強化し、またWebコンサルティングやM&Aコンサルティングも本格的にサービス展開していく計画となっており、その動向が注目される。



3. コンサルタント人材の採用・育成を強化し、持続的安定成長を目指す

中期事業戦略として、前述の「C&C戦略」を推進することに伴い、今後の成長を実現していくコンサルタント人材の採用・育成を強化していく。採用については、2017年3月期末の215名から2020年3月期末に254名まで増員していく計画だ。専門性の高いスキルを持った人材獲得のため、新人事評価制度も2019年3月期より本格スタートし、より能力重視の評価体系にシフトしていく。育成については、社内ビジネススクール「タナベコンサルタントアカデミー」により、採用した人材の早期戦力化を目指す。地域の中堅・中小企業におけるコンサルティングニーズは強く、こうした需要を取り込んでいくことで2020年3月期には売上高9,000百万円、経常利益1,000百万円を目指していく方針だ。今後、M&Aコンサルティング等の事業が順調に拡大していけば、計画を上回ることも十分可能と弊社では予想している。



4. 配当性向60%を目安に連続増配を続ける

株主還元策として、同社は配当金と株主優待制度を導入している。配当金に関しては配当性向60%を目安に、業績等を勘案しながら検討していくとしており、2018年3月期は前期比1.0円増配の41.0円(配当性向55.1%)と6期連続の増配を予定している。今後も収益拡大が続けば増配を続けていく意向だ。また、株主優待制度として毎年9月末時点の株主に対してオリジナル手帳「ブルーダイアリー」を1冊(3,000円相当)贈呈している。2017年6月6日の株価水準(1,387円)を基準にすると、配当利回りは約3%、株主優待も含めると約5%の投資利回りとなる。



■Key Points

・2017年3月期は7期連続の増収増益、2018年3月期も引き続き安定成長の計画

・C&C戦略の推進により、2018年3月期はFCCアカデミー設立支援コンサルティング、Webコンサルティング、M&Aコンサルティングを本格的に開始

・多様なコンサルティング領域を担うコンサルタント人材の採用とプロフェッショナルコンサルタントの育成を強化



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)