アパマンショップホールディングス<8889>は18日、管理物件数・新商品販売数・FC契約店舗数・コインパーキング台数それぞれの2017年6月度の月次情報を発表した。



管理戸数合計は前期末比1,156戸増の71,197戸となった。管理物件合計では前月比で300物件増(内訳はサブリースで4物件減、賃貸管理で304物件増)の71,166物件となった。

新商品契約件数は、新規保険契約数616件、24時間駆付けサービス(月額)616件、家賃保証が835件。



FC契約店舗数は前月比で直営店(「アパマン」ブランドの店舗)がプラス1店、FC加盟店がマイナス2店で、トータルマイナス1店となり、コインパーキング台数は前月比プラス34台、トータル数2736台となっている。



賃貸管理物件数が大きく増加し、順調な推移となるとともに、新商品の新規契約も堅調な推移となっている。